【Icse株式会社】賃金支払いルールについて【アイス】

post-1340

こんばんは+。:.゜こんばんゎヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
Icse(アイス)株式会社のブログ担当です♪

みなさん、お盆休みは今日まで!の方やお盆休みなんかとっくに終わったよ!の方
今週いっぱいまでお盆休みだよ!の方など色んな方がいらっしゃるかと思いますが、
どんなお盆休みを過ごされましたか??充実してましたか?しっかりと休息できましたか?

お盆休みの過ごし方は人それぞれかと思いますが、仕事はしっかりと切り替えて
頑張っていきましょう~♪(^ー^)ノ☆*.。

では、本日は、まじめに賃金支払いのルールについて学んでいきましょう~!

【賃金支払いの5原則】
①通貨で
②直接本人に
③全額を
④毎月1回以上
⑤一定の期日で
支払うという5原則があります。

・①通貨で支払う
賃金は、通貨、つまり現金で支払います。ただし、従業員の同意があれば本人名義の口座へ
銀行振り込みにすることもできます。

・②直接本人に支払う
賃金は、直接本人に支払います。銀行振込にするときも必ず本人名義の口座に振り込みます。
ただし、本人が病気療養中で家族が受取りにくるようなケースでは支払ってよいとされています。

・③全額を支払う
賃金は、全額支払い、本人の同意なしに控除はできません。ただし、雇用保険料と社会保険料
の本人負担分、所得税と住民税は、会社側から支払うために控除することができます。また、
労使協定を結んだ項目を控除することができます(協定控除)。

・④毎月1回以上支払う
賞与などの臨時の賃金を除いて、毎月1回は支払わなければなりません。年俸制であっても、
最低12回に分けて賃金を毎月支払うことになります。日払い、週払いは、月1回以上の
条件を満たしているのでOKです。

・⑤一定の期日で支払う
「毎月25日に支払う」などと毎月支払う日を定めておきます。定めた日が銀行の休業日で
ある場合は、その前後の日に振り込むことは認められています。

損をしないためにも!
少しずつ、自分の知識を増やしていきましょうねヾ(*´∀`*)ノ゛

では、今週も気を引き締めて頑張っていきましょう☆彡