【Icse株式会社】賃金となるもの・ならないもの【アイス】

post-1596

こんばんはヾ(・ω・)ノ゚・*:.。. ☆コンバンワッ☆.。.:*・゜ヽ(・Д・)ノ
Icse(アイス)株式会社のブログ担当です♪

みなさん、3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか???
3連休じゃない方もいらっしゃいますよね!(^ー^)ノ☆*.。
もうすぐ、11月も終わりに近づいて、もうすぐ12月・・・すぐに年末ですね!
ではでは、本日は ” 賃金 ” について勉強していきましょう~!

■「賃金」は労働の対価
賃金とは、従業員(労働者)が労働したことに対して会社(使用者)が支払うものです。
給与、給料、手当、賞与などと名称が変わっても、労働の対価として従業員に支払われるもの
はすべて「賃金」になります。

結婚祝金や弔慰金などは、支払われるシーンを考えると「労働の対価」とはいいきれない面
もあります。ただし、「〇〇のような場合に支給する」などと、就業規則で支給要件が明確に
されているような場合は「賃金」にあたります。

しかし、就業規則に定めがなく、その都度任意で支給しているような場合は「賃金」とは
なりません。
通勤手当や通勤定期券などは業務のための費用ではなく、就業規則に支給要件が明確にされ
ていれば賃金として取扱われます。

どうですか??なんとなく理解して頂けたでしょうか???
では、また新しい一週間の始まりです♪頑張っていきましょう~♪