【Icse株式会社】~節分の日~徳編~【アイス】

post-2410

こんにちは今週のブログ担当のIcse(アイス)株式会社の徳です。

2月3日は節分でしたが、皆さんは恵方巻きを食べましたか。

毎年、何気なく食べていましたが少し調べてみました。

決まった方角を向いて食べる恵方巻きは、昔から無病息災や商売繁盛を祈る

縁起物として親しまれてきたそうです。

無病息災、商売繁盛といえば「七福神」!

七福神にちなんで太巻きには7種類の具材を巻いて食べるのが

一般的で、その数は商売繁盛や無病息災を願って七福神に因んだもので、

福を巻き込むと意味付けされてたり、太巻きを逃げた鬼が忘れていった

金棒(鬼の金棒)に見立てて、鬼退治と捉える説など、いろんな説があるようです。

具材には一つだけ決まりがあるようです。

それは、具材を七種類入れること。

なので、具材に何かを入れるべきという決まりはないようです。

七つという数字のみが決まりのようです

数字へのこだわりは今も昔も変わらないですね。

「二月は逃げる」というようにあっという間に1ヶ月が過ぎ去る月です。

厳しい寒さも追い込みの時期でもあり、たまに晴れて気温が上がる日がありますが

油断すると風邪をひくので注意!気を緩めないようにがんばりましょう!

以上、今週のブログ担当、Icse(アイス)株式会社の徳でした。