再発防止策について

post-2595

関係者 各位

再発防止策について

急啓

先日お伝えしておりました、再発防止策について、下記の通り行う事となりましたので、ご報告させて頂きます。

1.社員教育の再徹底

個人情報保護に対する意識や知識向上のための取組として、外部専門家による社内研修を定期的に行います。また、個人情報保護に関する知識についての試験を実施し、一定以上の成績を修めなければ社内システムにアクセス出来ないように致します。

2.管理監督・モニタリングの強化

業務の過程で、その業務に携わっている担当者や管理責任者によって、毎日チェックするなど、日常業務の一部として取り込んでまいります。有効性をリアルタイムでチェックすることができ、 問題点に対しても迅速に対応してまいります。
業務と関わりのない外部の視点から定期的にチェックを行います。

3.コンプライアンス意識の向上

社員に対して機会があるごとに意識啓発を行っていきます。具体的には、年に1回の「コンプライアンス・メッセージ」などを通じ、コンプライアンス活動の重要性やリスク対策に関するメッセージを、社員に向けて直接発信してまいります。

弊社は、お客様の個人情報を取り扱う事業者として、このような事態を招いたことを重く受け止め、これまで以上に個人情報の取り扱いについての社内教育並びに管理体制の強化に努め、再発防止に取り組んでまいる覚悟であります。

また、重ねて講じる、再発防止策が決まり次第、改めて発表させて頂きます。

草 々

令和2年6月16日

Icse株式会社

代表取締役 石田大輔